格安SIMのメリットは?

格安SIMはとても人気ですがそもそもメリットとしてはどのようなメリットがあるのでしょうか。人気があるから使うというのではなくて、メリットをよく理解した上で利用したほうがとても便利に更に活用することができるでしょう。

大手の携帯電話会社より通信費用が安い

なんといっても一番のメリットとも言えるのが通信料金がリーズナブルに下がるという点です。これまでにたとえば7千円くらい支払っていた人は2千円前後にまで下がる可能性もあるのです。通信費用はだいたいこれまでの3分の1程度には下がると言われています。家族で持っている人は家族全員同じキャリアを持っている人が大半だと思うのですが、人数が多ければ多いほどお得になります。

料金プランがわかりやすいものが多い

料金プランについてとてもわかりやすいものが多いです。大手のキャリアなどは複雑でどのようなプランなのか最終的には分からずに入っているという人もいるかも知れないのですが、それがないのが特徴です。電話プランが何種類もあって選ぶのに難しいということもないので、シンプルに契約をすることができるという点もメリットです。

二年契約の縛りがないのでフリー

通常大手のキャリアの場合は2年契約で更新をしていくということを前提に契約をしていくと思います。そして家族が2年契約をすれば基本料金がほかの家族も安くなるといったところもあります。2年契約ですがこれが、更新するとき以外に契約解除をしてしまったら1万円近い解除手数料を支払うことになります。これが意外と面倒で無駄なお金だと思っている人も多いでしょう。しかし格安SIMなら2年契約しなければいけないなどの縛りがないので安心です。フリーなので、いつでも自由に契約をすることができるのです。

格安SIMはなぜ安いのか

格安SIMはとても安いので今人気があると言われています。なぜ人気があるのでしょうか。それはやはり値段が抑えられるという点が一番だとは思うのですが、なぜこんなにも安く提供することができるのか検証していきましょう。

なぜ格安SIMは安いのか?

格安SIMはとっても値段が安いのが特徴で人気がありますが、なぜこれほどまでに安いのでしょうか。ドコモ、auソフトバンクといった携帯電話会社に比べると通信費が半額以下と言われているのですが、その理由ですが、それは設備投資にお金が掛かっていないからです。これら大手の携帯電話会社は設備投資をしているのでお金が掛かっています。しかし格安SIMを取り扱う会社は、回線をドコモや大手の携帯電話会社から借りていますので、設備投資にお金が掛かっていないのです。その分リーズナブルな価格で提供することができているのです。

設備投資にお金が掛かっていないので格安

設備投資にお金が掛かっていないこともあって格安での提供となっているのが特徴です。設備投資ってそんなにもお金が掛かるものなのかと疑問に思っている人もいるでしょう。実は回線の整備などはお金が掛かるので、このお金を削減することができれば会社としてはかなり経費削減になっているのです。

店舗を構えないことも削減につながる

そしてドコモ、ソフトバンクやauなどは店舗があちこちにあります。全国に店舗がありますが、これらの格安SIMの店は店舗がないのです。その結果店舗維持費や人件費の削減を実現することができているのです。これが私たちに格安で提供してもらえている理由となります。理由がはっきりすれば使用するのも安心ですよね。ドコモなどの大手と異なって安くできる理由は明確なので安心です。

格安SIMの仕組みを技術的に考える

格安SIMが普及する背景には、もちろん技術の進歩があります。携帯端末の小型化や無線通信が可能になるなどインフラ施設の整備も格安を支える源泉です。そうした技術的側面や格安sim 口コミからも考察してみましょう。次なる商品がすぐそこまで来ているからです。

電話線は公共施設

携帯電話の普及に際して、既存の電話線をどうするか、そういった議論がありました。旧電電公社のインフラを借りなければ、新規参入はできないからです。とはいえ民営化すれば、NTTこそがただ乗り状態です。それは許されるのでしょうか。

NTTは電話加入権の料金を顧客に返却しようとはしません。ならば電話線は公共施設として競合他社へ開放すべきなのでしょう。それでこそ公正な競争が促進され、格安SIMを含めた通信技術がさらに進展するはずです。

iPhoneショック

日本でスマホ、すなわちiPhoneが登場したのは2008年です。もう10年近く経ちますが、当時は衝撃的でした。鮮明な映像が携帯電話に映し出された。というか視聴に耐えるテレビが持ち歩けるのです。

今の20歳代以下なら当たり前と感じるのでしょうが、中年以降であれば、SF映画が実現したようなショックを受けた人も多いでしょう。技術は確実に進歩し、私たちの生活に溶け込んでいます。まさに21世紀到来です。

技術的にできないことはない

技術進歩は急激に起きているように思えますが、もちろん裏ではしっかりとした基礎研究が行われています。そのため事実上、技術的にできないことはないでしょう。あとは利用者がコストをどこまで負担できるかです。

AIを含めた機械化の進展が価格破壊に貢献しています。とはいえ安さばかりを追求してると、自分の地位が奪われるかもしれません。技術を使っているつもりが、実際には使われていた、悲しい現実に気づかない方が幸せなのでしょうが。

次の時代には何が登場するか

昭和の時代に基本的なインフラが整備され、平成の時代には大きな技術変革がありました。次に元号が変わる時には、新たな通信革命が起きるでしょう。格安SIMに置き換わる技術が登場するかもしれません。